/

この記事は会員限定です

アパレル「脱中国」じわり ハニーズやイトキン

[有料会員限定]

中国に進出した日本のアパレルが苦戦している。販売不振で大手のイトキンが撤退を決めたほか、多店舗展開していた婦人服のハニーズも閉店を進める。現地では人件費が上昇しており、生産拠点としての優位性も揺らいでいる。成長市場に期待した国内アパレルは販売と生産の両面で戦略の見直しを迫られている。

イトキンはピーク時に中国で300店を展開していたが、地元企業との競争激化で採算が悪化。2016年2月に投資ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン