/

この記事は会員限定です

マグロ漁で日本矢面に 違法操業発覚、欧米の反発必至

[有料会員限定]

高級すしネタとして人気が高い太平洋クロマグロの資源保護で、日本が矢面に立たされている。漁獲量、消費量とも世界一の日本で規制をすり抜けた違反操業が発覚。保護強化を求める欧米諸国が一段と厳しい態度に傾くのは必至だ。

昨年12月。長崎県と三重県で規制を破ってクロマグロの未成魚を漁獲したことがみつかった。両県での違反操業での漁獲は90トン以上とみられ、日本の年間上限4007トンの2%超に相当する。

クロマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン