/

この記事は会員限定です

大東建の4~12月期、初の経常益1000億円超 アパート建設好調

[有料会員限定]

大東建託の2016年4~12月期連結経常利益は前年同期比約2割増の1000億円強だったようだ。同期間では8期連続の最高益で初めて1000億円を超えた。低金利を受け、投資や相続税対策で賃貸アパートを建てる個人の需要を取り込んだ。足元では賃貸アパートの受注が3カ月連続で前年割れしており、住宅市場の変調を指摘する声もある。

16年4~12月期の売上高は5%増の1兆1000億円前後とみられる。

収益をけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン