/

この記事は会員限定です

ポリスチレン樹脂4%値上がり 食品容器に波及も

[有料会員限定]

食品容器や建物の断熱材に使う合成樹脂、ポリスチレンの国内取引価格が4%上がった。PSジャパンや東洋スチレン、DICが原料高を理由に打ち出した値上げを容器メーカーが受け入れた。食品容器がけん引し国内需要は回復傾向にある。今後、使い捨て弁当容器などに価格転嫁の動きが広がる可能性がある。

東京の価格は現在、幅広い用途で使う一般グレードが1キロ162~178円。前月比7円高い。値上がりは2015年7月以来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン