/

この記事は会員限定です

センコン物流、中国・大連に大規模野菜工場 富裕層を開拓

[有料会員限定]

センコン物流は2017年夏にも中国・大連で大規模野菜工場を稼働する。現地で立ち上げた合弁会社を通じ、レタスなど葉物を中心とした無農薬野菜を生産。今秋ごろから現地のスーパーやレストランに出荷し、富裕層向け市場を開拓する。農業は同社が進める事業多角化の一環で、海外進出は初めて。将来はマカオなど他地域での展開も目指す。

無農薬野菜の新工場は中国東北部、大連市の旅順に建設する。敷地面積1万3000平方メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません