2019年2月20日(水)

動物施設に千葉県立ち入り ライオンの飼育員襲撃

2017/1/24 1:33
保存
共有
印刷
その他

撮影用の動物を飼育している千葉県成田市の「湘南動物プロダクション」で男女2人がライオンにかまれ重傷を負った事故で、男性(28)がおりの中で後ろからライオンの背中を洗っていた際に突然襲われ、その後助けようとした女性(55)もかまれていたとみられることが23日、県警への取材で分かった。県警は詳しい状況を調べている。

県は同日午後、動物愛護法に基づき施設を立ち入り検査し、再発防止に努めるよう従業員らに指導した。

県警によると、女性は同社経営者で、男性は息子で同社役員。2人は飼育も担当しており、23日午前10時ごろから別の20代女性飼育員と3人で、おりの中で鎖につながれたライオンの体を洗っていた。3人は普段からライオンを洗う作業をしていたという。

県衛生指導課によると、管轄の保健所と県動物愛護センターの職員数人がライオンのおりを確認し、関係者から事情を聴くなどして飼育環境を調べた。

同社は人に危害を加える恐れがある「特定動物」の飼育許可を県から受けている。県警によると、12頭のライオンを飼育している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報