日本製紙、インド・ベトナム進出 外食向け需要見込む

2017/1/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製紙はインドとベトナムに初の製造拠点を置く。インドで同国最大の飲料用紙コップメーカーを買収することで合意。ベトナムでは紙コップ事業シェア1位の製造加工会社の事業をこのほど傘下に収めた。経済発展に伴いファストフード産業が拡大し、紙コップの需要が伸びている。地元で有力な取引網を持つ現地企業を取り込み、市場開拓を目指す。

インドのプラス・ペーパー・フードパック(ムンバイ市)の発行済み全株式を月内に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]