サムスン、スマホ・家電曲がり角 部品事業に再び活路

2017/1/24 0:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国サムスン電子は23日、2016年8月に発売したスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」で発火が相次いだ問題を巡り、採用した2社の電池が原因とする調査結果を発表した。スマホ事業で失った信頼は大きく、中国勢の追い上げも激しい。消費者向けは曲がり角に立ち、半導体やディスプレーに自動車分野を加えた部品事業に再び活路を見いだす。

「700人の技術者が20万台以上のスマホと3万個の電池を調べた」…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]