/

この記事は会員限定です

新薬候補の安全性、iPS細胞で評価 国立衛生研など

[有料会員限定]

国立医薬品食品衛生研究所やエーザイ小野薬品工業などは、人間のiPS細胞から作った心筋細胞を使うことで、新薬の候補となる物質の安全性を正確に評価できることを確かめた。60種類の既存の化学物質で試し、80%以上が臨床試験(治験)の結果と一致した。現在の手法よりも精度が高く、新薬開発の効率化に役立つとみている。

新薬候補は人に投与したときに、致死性の不整脈などを起こさないか、事前に調べる必要がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン