/

この記事は会員限定です

東芝支援、ファンド経由で 政投銀・3メガ銀が検討

[有料会員限定]

米原子力事業で巨額損失が発生する東芝への資本支援を巡り、日本政策投資銀行とみずほ銀行、三井住友銀行は各行で立ち上げた投資ファンドを活用する検討に入った。東芝が分社する半導体子会社に出資する案を軸に検討する。金融規制などに縛られる銀行が東芝に直接出資するのは難しく、ファンド経由の資本支援で財務改善を支える。

活用を検討するのは、三井住友銀と政投銀で組成した「UDSメザニンファンド」や、みずほ銀と政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン