/

この記事は会員限定です

神奈川県内企業、米新政権に不安感 メキシコ進出凍結企業も

[有料会員限定]

米国のトランプ新大統領の就任を目前に控えた20日、神奈川県内では今後の世界の通商秩序や為替動向を不安視する声が相次いだ。トランプ政権発足を機に、米国が自由貿易の旗振り役から保護主義へと転換することも予期されるだけに、県内企業の多くが「就任は経済へのマイナス要因」と分析。先行き不安からメキシコへの進出計画を凍結した企業も出てきた。

メッキ加工の大協製作所(横浜市)はトランプ新政権の動向を見極めるた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン