/

この記事は会員限定です

三井住友銀、中国内外で人民元融通 広東省の試験区活用

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】三井住友銀行は香港企業に対し、中国本土と、国外や他地域で人民元を融通し合う一括管理の仕組みを提供する。広東省の自由貿易試験区が2016年に導入した規制緩和を活用する。

一括管理の仕組みは「資金プーリング」と呼ぶ。香港の食品企業、四洲集団が採用した。自由貿易区に立地する財務統括会社を中心に、中国と香港で元を融通する。香港の本社で抱える余剰資金を中国に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン