三菱重が子会社の米移転検討 圧縮機、資源向け攻勢へ現地化

2017/1/18 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業は産業用の大型圧縮機(コンプレッサー)を手がける子会社の本社機能を広島市から米テキサス州に移す検討を始めた。北米はグループ売上高の2割弱を占める海外の最大市場だ。インフラ投資拡大を打ち出すトランプ次期大統領の方針も米国での受注増の追い風になるとみる。

全額出資する三菱重工コンプレッサ(広島市)の本社機能を同州ヒューストンに移すことを検討する。圧縮機は火力発電用ガスタービンに空気を圧縮し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]