/

がん免疫薬、別の薬と併用で効果向上 京大がマウス実験

京都大学の本庶佑客員教授や茶本健司特定講師らは、がんの免疫治療薬の効果を特定の高脂血症の薬との併用によって高める手法を開発した。大腸がんを移植したマウスで効果を確かめた。2017年度から九州大学や先端医療振興財団(神戸市)と共同で、医師主導の臨床試験(治験)を始める予定だ。成果は米科学アカデミー紀要(電子版)に17日掲載される。

がん免疫薬は体内の免疫細胞にがん細胞が結合するのを妨げ、免疫細胞による攻撃を助ける。代表例が小野薬品工業の「オプジーボ」だ。研究チームはオプジーボと同じような働きを持つがん免疫薬を使い、実験した。

がんを攻撃するT細胞の内部にあるミトコンドリアを活性化する作用がある安価な高脂血症薬「ベザフィブラート」に着目。大腸がんを移植したマウスに、がん免疫薬と併せて投与した。がん免疫薬単独の投与に比べて治療効果が高まることを確かめた。大腸がん以外のがんも同様の効果が期待できるとみている。

本庶客員教授は「オプジーボでも同様の結果が得られるだろう」と話す。併用により、オプジーボが効かなかった患者で治療効果が得られたり、高価なオプジーボの投与量を減らせたりする可能性があると期待する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン