2019年1月20日(日)

春秋航空、3月から関空の新ターミナル利用

2017/1/17 16:05
保存
共有
印刷
その他

中国の格安航空会社(LCC)春秋航空は28日に開業する関西国際空港の国際線用のLCCターミナルを3月から利用する。関空を運営する関西エアポートは同ターミナルの供用開始を当初の今春から中国の春節(旧正月)に合わせ、前倒しする。ただ当初は混雑が予想され、ターミナルの店舗スタッフが運営に慣れるまで、利用を約1カ月間見合わせる。

春節は中国の大型連休で関空に多くの観光客が訪れる見通しで、航空会社や空港の店舗にとっても大きな商機だ。春秋航空は冬期に関空発着の国際線を週38便運航する計画。日本のLCC、ピーチ・アビエーションは開業と同時に新ターミナルを使う予定としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報