/

この記事は会員限定です

2017年展望(6)インバウンド対策や改装 成長期す観光業

[有料会員限定]

昨年の熊本地震で九州の観光業は被災など大きな影響を受けた。亀の井別荘(大分県由布市)の中谷健太郎相談役と城山観光(鹿児島市)の東清三郎社長は、それぞれ一段の成長に向け、インバウンド(訪日外国人)対策や客室改装などに力を入れる考えを示した。(聞き手は藤井利幸、松尾哲司)

◇亀の井別荘・中谷健太郎相談役

――熊本地震で被災した由布院温泉の課題について、どうみていますか。

「1975年の大分県中部地震の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン