高知・室戸市長「深層水産業テコ入れ」 市民主役で魅力発信

2017/1/17 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

捕鯨や遠洋漁業で栄えた高知県室戸市は、200カイリ漁業水域の設定などで水産業が衰退した。高知市から車で2時間かかるなど交通アクセスの不便さもあり、人口はピーク時の半分以下に減少した。活性化へ独特の地形や海洋深層水といった地域の強みをどう観光や産業の振興につなげるか、小松幹侍市長に聞いた。

――2011年に認定された世界ジオパークの効果は出ていますか。

「15年4月に開館した室戸世界ジオパークセン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]