/

この記事は会員限定です

吉野家、乳酸菌入り豚汁発売 具材も8割増量

[有料会員限定]

吉野家ホールディングスは牛丼店「吉野家」の豚汁を刷新した。森永乳業が開発したシールド乳酸菌を1杯あたり100億個加えたことで、免疫力向上などの効果が期待できるという。野菜などの具材も従来品と比べて8割増量し、食べ応えを増した。商品の魅力を高め、年間200万食の販売を見込む。

このほど販売を開始。価格は190円で従来品よりも30円高いが、導入店舗では販売数が平均5割ほど伸びたという。

シール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン