/

この記事は会員限定です

大手製造業「スマート工場」広がる IoTやAI駆使

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などを駆使して生産性を高める「スマート工場(賢い工場)」導入が大手製造業の間で広がってきた。ブリヂストンは主力工場での整備を進める。東レも子会社を通じてAIベンチャーと提携、検査機を開発する。熟練技術者の大量退職に備え、AIでその技能を代替する狙いもある。

ブリヂストンは3月をめどに乗用車用タイヤを生産する彦根工場(滋賀県彦根市)で設備の状態を保守・整備会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン