「お伊勢さん菓子博」開幕まで100日、巨大菓子で内外発信

2017/1/12 2:00
保存
共有
印刷
その他

三重県伊勢市で開催される全国菓子大博覧会(お伊勢さん菓子博)の開幕まで100日となった11日、実行委員会が開催概要を発表した。会場となる県営サンアリーナには大会のシンボルとなる巨大工芸菓子を設置。三重県産の食材を使った新作スイーツを発売するほか、全国から和洋菓子が集結する。開催期間の4月21~5月14日に菓子の魅力を国内外にPRする。

巨大工芸菓子は江戸時代のお伊勢参りのにぎわいを県内の100人以上の和洋菓子職人が餅米や砂糖などで創作する。全国の工芸菓子を展示する「お菓子の匠工芸館」のほか、全国の菓子を販売する「全国お菓子夢の市」、てこね寿司など三重グルメのコーナーも設ける。

赤福などの老舗和菓子メーカーは街道沿いの茶屋をプロデュース。赤福は、江戸時代から明治にかけて作られていた「黒糖味の赤福餅」を復刻版として、特別販売する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]