米外食、中国事業見直し マクドナルドが売却発表

2017/1/10 0:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米マクドナルドと、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)などを展開する米ヤム・ブランズの2社が中国戦略の見直しに動き出した。マックは9日、中国の国有複合企業、中国中信集団(CITIC)などに中国事業を20億8千万ドル(約2400億円)で売却することを決定。ヤム・ブランズも中国事業を分離した。米外食2強とも消費者の嗜好多様化などに対応しきれず、業績は低迷。競合へ顧客が流出する中、事業再生が急務と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]