2018年8月18日(土)

長時間労働を監督 地域版「かとく」成果じわり 各労働局で

2017/1/9 0:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 各都道府県の労働局で長時間労働を専門に監督指導する「過重労働特別監督監理官(かとく監理官)」の成果が出始めている。新入社員が過労自殺した電通を捜査した東京、大阪両労働局の過重労働撲滅特別対策班(かとく)は主に大企業を捜査するが、かとく監理官は“地域版”。手が回りにくかった問題案件の捜査を支援し、2件の書類送検に結び付けている。

 かとく監理官は昨年4月、厚生労働省が東京、大阪を含む全都道府県の労働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報