事故・渋滞抑制 次世代交通システム受託 パナソニック、米で

2017/1/8 0:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラスベガス=香月夏子】パナソニックは米国で自動車関連ビジネスを拡大する。IT(情報技術)を使い事故や渋滞をできるだけ無くす次世代交通システムを現地で開発する。米テスラモーターズとは自動運転分野でも協業をめざす。得意とするセンサーや電池といった自動車関連の技術を街づくりや自動運転に応用し成長分野に事業領域を広げる。

次世代交通システムは2022年の実用化をめざす。米コロラド州デンバー市が進める次…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]