体験型観光、英語で予約 山陰インバウンド機構、サイト開設

2017/1/7 6:00
保存
共有
印刷
その他

鳥取県と島根県などでつくるDMO(観光地経営組織)、山陰インバウンド機構(鳥取県米子市)は両県と連携し、訪日外国人(インバウンド)向けに体験メニューの事前予約が可能な英語のサイトを立ち上げた。「着物で街歩き」などの体験型観光をインターネットで予約できるようにし、決済もクレジットカードで行えるようにしている。

山陰での体験型観光について、外国人客から「情報提供が日本語だけの上、支払いも現地で現金のみなので不便」という声が上がっていたことに対応する。2月末までの期間限定で、利用動向などを検討した上で継続するかを決める。

サイトでは着物での街歩きのほか、大山山麓での雪の体験や鳥取砂丘でのマウンテンバイク利用、島根県安来市でのどじょうすくい体験などを紹介している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]