初売り堅調、家族層が支え 再開発・新装、来店増に寄与

2017/1/7 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県の主要百貨店や商業施設の初売り商戦が堅調だ。売上高が前年を上回ったり、前年並みを確保したりする店舗が目立つ。中心市街地の再開発や商業施設の新装開店で家族連れなどの来店増につながった。ただ個人消費はなお力強さを欠き、衣料品など主力商品の売れ行きには、ばらつきがある。各店は冬物衣料のクリアランスセールなどに注力している。

昨年、再開発で複合ビル「ハピリン」が開業したJR福井駅前。同駅に近い西…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]