/

この記事は会員限定です

太陽誘電、国内外製造拠点の全工程にIoT 18年度めど

[有料会員限定]

電子部品大手の太陽誘電は2018年度をめどに、国内外の全19カ所の製造拠点の全工程にあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を導入する。生産設備の稼働状況などを一元管理し、収集したデータを解析・活用して歩留まり(良品率)の向上につなげる。需要増加が見込める自動車や産業機器分野への供給を増やし、売上高を3000億円に増やす。

17年度に玉村工場(群馬県玉村町)と福島、新潟、和歌山の主要4拠点にIoTを取り入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン