/

「再修正が必要」 エナリス、前期業績で

発電事業などを手掛けるエナリスは4日、2016年12月期の連結業績予想について「再修正が必要」だと発表した。過去の不適切な会計処理に対する課徴金のうち、前社長が支払うことで合意していた1億8千万円が支払期限である16年12月31日までに支払われなかったため。同社は昨年11月、太陽光発電施設での工事費などがかさんだとして、16年12月期の連結業績予想を下方修正している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン