サイバー防衛人材、毎年100人養成 経産省

2017/1/1 1:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は2017年度から、電力やガスなどのインフラをサイバー攻撃から守る人材を毎年100人ほど養成する。電力会社などの若手社員を中心に対象者を募る。1期生は17年2月をめどに公募する。欧米では発電所や製鉄所などを狙うサイバー攻撃が増え、対策が急務となっている。

独立行政法人の情報処理推進機構が17年4月に開く「産業系サイバーセキュリティ推進センター」で研修する。エネルギーや化学、製鉄などの企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]