/

この記事は会員限定です

ミキモト、宝飾品に専念 ギフトブランド2月に終了

[有料会員限定]

宝飾品大手のミキモトは来年2月、ギフトブランド「ミキモト インターナショナル」の販売を終了する。高級感がある食器やボールペンを中心とした文房具を約30年間取り扱ってきたが、近年は低価格品の台頭もあり競争が激化。来年6月ごろに銀座本店の改装オープンも控えており、主力の宝飾品事業に経営資源を集中する。

ギフトブランドは1987年に開始。文房具や食器のほか、写真立てやカードケース、ブックマークなどを幅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン