長崎ルート「フル規格も」 佐賀知事、負担増なければ

2016/12/29 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

佐賀県の山口祥義知事は日本経済新聞の取材に応じ、九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)の開発の遅れを巡り、県の費用負担が増えなければ全線フル規格での整備も認めるとの考えを示した。FGTは車軸の不具合対策などに時間がかかっており、フル規格化に言及する関係者が増えている。

長崎ルートに関しては3月、佐賀、長崎両県、九州旅客鉄道(JR九州)、国土交通省、与党などが…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]