将棋連盟の対応、後手後手 ソフト不正利用問題

2016/12/28 0:21
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 将棋界を揺るがしたソフト不正利用問題は第三者調査委員会の報告を受け、日本将棋連盟が対応を公表したことで一応の山場を越えた。ただ、トッププロもしのぐ棋力を持つようになったソフトへの将棋連盟の対応は後手後手で、棋士の疑心暗鬼を広げた。疑惑を持たれた三浦九段への処分についても「拙速だった」との批判は根強い。

 将棋連盟は数年前に電子機器の持ち込み規制を検討したが、ベテラン棋士を中心に反対論が強く、実施を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

日本将棋連盟大崎善生

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 22日 22:19
22日 21:44
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報