2019年6月19日(水)

カード各社の購買者情報、共通規格を決定 ビッグデータ活用へ

2016/12/27 0:01
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は26日、クレジットカード会社がもつ購買者情報の共通規格を決めた。将来ビッグデータとして有効活用するためで、各社の購買者情報をまとめて分析しやすくなる。経産省は匿名にしたうえで、企業が購買者情報を閲覧、分析できるようにする方針で、新規の出店戦略などに利用できるようになる。

経産省の共通規格では、消費者が購入した店の情報は郵便番号で分類。店の業種を分類する基準もつくり、カード各社が同じ店を異なる業種に振り分けないようにした。今後カード各社に共通規格の採用を促し、ビッグデータとしての精度を高める。

各社が共通規格で購買者情報を蓄積していけば、郵便番号で区分けされた地区ごとにどの程度、ある小売店でカードによる購入がされたかが一目瞭然となる。購買履歴をもとに、どの地域に新たに出店するかなどを、企業は判断しやすくなる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報