2019年9月18日(水)

革新機構の投資先が破産 20億円が回収不能に

2016/12/26 23:59
保存
共有
印刷
その他

産業革新機構は26日、半導体ベンチャーのGENUSION(ジェニュージョン、兵庫県尼崎市)への投資決定を撤回すると発表した。同社が裁判所から破産手続きの開始決定を受けたためで、出資済みの約20億円の回収はほぼ不可能となった。機構が投資先の破産などを理由に投資決定を撤回するのは2例目。

機構によると、ジ社は今月12日に神戸地裁尼崎支部から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は不明。機構は2010年5月、ジ社への投資を決定して26億円の投資枠を設定。破産手続きの開始時点で総額約20億円を出資していた。

ジ社は大阪大や東北大などと次世代型のフラッシュメモリーを開発。ロームとも提携したが、開発が進まず資金難に陥った。今年6月以降、従業員を解雇して事業売却も探ったが、売却先が見つからなかった。機構の投資決定撤回はバイオベンチャー、ファルマエイト社に続き2回目。5.5億円の投資を回収できなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。