/

丸紅、米の食用油生産会社を買収

丸紅 26日、子会社を通じて米国で食用油を生産するモンタナ・スペシャリティーミルズ(MSM、モンタナ州)を買収すると発表した。最大で約2400万ドル(約28億円)を投じ、2017年中をめどに80%を出資。丸紅は国内外で小麦など穀物の集荷販売を手掛けており、加工部門を強化して収益力を高める。

丸紅が米国で食用油を生産するのは初めて。100%出資する穀物集荷の米国子会社、コロンビアグレーン(オレゴン州)がMSMに出資する。まず来年1月に50%の株式を取得した後、順次増資を引き受ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン