雑誌厳冬、デジタル外も模索 売上高で書籍下回る

2016/12/27 0:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

雑誌販売の落ち込みが止まらない。出版科学研究所(東京・新宿)が26日まとめた調査によると、2016年は雑誌の売上高が41年ぶりに書籍を下回る見通しだ。スマートフォン(スマホ)などを通じた雑誌読み放題サービスの普及が背景にある。出版各社はデジタル対応を急ぐが、「デジタル」以外に活路を探る動きも広がっている。

26日は別の意味でも節目となった。小学館の学習誌「小学二年生」が26日の発売号で休刊し、9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]