がん攻撃に「中分子医薬」 薬効と低コスト両立狙う

2016/12/26 0:22
保存
共有
印刷
その他

バイオ医薬の高い薬効と、従来医薬の安い製造コストの両方を兼ね備えた「中分子医薬」の開発を目指す研究が進んでいる。神戸大学と大阪府立大学はそれぞれ、がん細胞が持つたんぱく質に結合してがんを攻撃する中分子医薬の候補物質を作った。製薬業界も研究開発に力を入れ、文部科学省も研究を後押ししている。

がん治療薬「オプジーボ」などの抗体医薬は、分子のサイズが大きい高分子医薬だ。病気にかかわるたんぱく質を狙って作用するため効果は高いが、製造に手間がかかり価格が高くなる。一方、以前からある薬の多くは、分子サイズが小さい低分子医薬。工業的に合成でき安価だが、様々な細胞に広く作用するため切れ味は悪い。

中分子医薬は、両者の中間の大きさで、高分子医薬の効果を持ち、低分子薬のように安価に作れると期待される。

神戸大の近藤昭彦教授らは、胃がんや大腸がんを攻撃する抗体の一部を切り出した中分子医薬の候補物質を作製した。がん細胞の表面にあるたんぱく質と、がんを攻撃するリンパ球を結びつけ、リンパ球ががんを攻撃しやすくなる。

胆管がんの細胞を培養して人間のリンパ球を混ぜ、この物質を加えたところ、これまでに作製されたほかの候補物質の約100分の1の濃度で、24時間以内にほぼすべてのがん細胞が死滅した。リンパ球だけだと、死滅するがん細胞は1割以下にとどまった。

抗体医薬は、抗体の遺伝子を動物細胞に導入して抗体を産生させて作るため、手間と時間がかかった。開発した物質はサイズが小さいため、動物細胞より速く増殖する酵母に作らせることが可能。迅速に製造できる。

大阪府大の藤井郁雄教授は、がんが栄養を取りこむための血管を作る際に分泌するたんぱく質に結合し、働きを失わせる中分子医薬の候補を作成した。たんぱく質の原料となるアミノ酸が複数集まったペプチドだ。

マウスの皮下に大腸がんを移植して4回注射したところ、10日後に治療しないマウスに比べがんが56%縮小した。バイオ医薬の抗がん剤、ベバシズマブ(商品名アバスチン)とほぼ同等の効果という。

化学反応によって合成でき、治験で効果が確認できれば、アバスチンと同じ薬効で安価な薬が作れる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]