/

この記事は会員限定です

「旧奈良監獄を建築博物館に」 建築学会、国に要望

[有料会員限定]

日本建築学会(会長・中島正愛京都大学防災研究所教授)は24日までに、明治時代に建設された現存する最古の刑務所「旧奈良監獄」(奈良市)を国立建築博物館として活用するよう政府に要望した。同施設は現在奈良少年刑務所として使われ、来夏をメドに運営権を民間に売却する方針になっている。これまでホテルへの転用が有力視されてきたが、新たな活用案が浮上した。

22日付で金田勝年法相と菅義偉官房長官あてに要望書を提出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン