中台外交戦再び 中国側、断交で圧力か

2016/12/22 1:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作、北京=山田周平】台湾の外交部(外務省)は21日、西アフリカの島国、サントメ・プリンシペからの通告を受け同国と断交したと発表した。トランプ次期米大統領の台湾接近を受け、中国側が台湾への外交圧力を強めた可能性がある。休止状態が続いていた中台の「外交戦」が再開し、台湾の蔡英文政権と中国の緊張関係は新たな局面に入る。

「台湾の人々の感情を傷付け、両岸(中台)関係の安定を破壊するものだ」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]