/

「マリオラン」4000万ダウンロード 配信開始4日間で

任天堂 米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」など向けに配信しているゲーム「スーパーマリオラン」のダウンロード数が16日の配信開始から4日間で全世界で4000万を超えたと21日発表した。アップルが運営するアプリ配信サービス「アップストア」では史上最速。売り上げも世界100の国と地域でトップ10に入ったという。

「マリオラン」はマリオシリーズでは初のスマホ向けゲーム。世界150の国と地域で配信が始まった。ダウンロードからゲームの一部までは無料で、すべてを遊ぶために日本では1200円、米国では9.99ドル、ユーロ圏では9.99ユーロを払う必要がある。

米調査会社アップアニーによると、マリオランの配信から3日間の収益は推計1400万ドル(約16億5千万円)以上という。

配信国数が違うほか、米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」版がまだ配信されていないために単純な比較はできないものの、世界中で大ヒットしたスマホゲーム「ポケモンGO」は配信開始後1カ月のダウンロード数が1億3000万だったとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン