/

この記事は会員限定です

トーマツ、ビッグデータ監査を拡大 上場する全顧客900社対象

[有料会員限定]

監査法人トーマツは2018年3月期に、ビッグデータを活用した監査の対象を上場する全顧客の約900社へ拡大する。相次ぐ企業の会計不祥事で、監査法人はより厳格な監査が求められており、会計士1人当たりの負担が増えている。ビッグデータの活用で監査品質を向上させ、不正リスクの早期発見につなげる。

トーマツは「オーディット・アナリティクス」と呼ぶ仕組みを12年から導入した。280人体制で運用し、16年3月期時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン