貸出金利低下響き9信金で純利益減少 主要10信金の4~9月

2016/12/22 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知、岐阜、三重の各県に本店を置く主要10信用金庫(預金量8千億円以上)の2016年4~9月期決算は、9信金の純利益が減少した。日銀のマイナス金利政策を背景に貸出金利が下がり、利息収入が減少した。地方銀行を交えた金利引き下げ競争が激化する中、外国証券など運用リスクをとって利回りを求める傾向が強まっている。

本業のもうけを示す実質業務純益は7信金で減少した。貸出残高は9信金が前年同期よりも伸びたも…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]