鴻海・シャープ合弁、中国大手向け液晶の供給中断で調整

2016/12/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業とシャープが共同運営する堺ディスプレイプロダクト(堺市、SDP)が中国家電大手、海信集団(ハイセンス)へのテレビ用液晶パネルの供給を中断することで調整していることが20日、分かった。価格の見直しで採算を改善するとともに、シャープが自社ブランドのテレビの拡販を進めるのに伴い、同社向けのパネルを確保する狙いもあるとみられる。

SDPは2017年のハイセンスとの取引を中断…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]