/

この記事は会員限定です

個性派雑貨、伝統の技で 福井の中小 立体塗り絵や平底カップ

[有料会員限定]

福井県内の中小メーカーが伝統の加工技術を応用し、雑貨を開発している。警察署や消防署の庁舎に使う紋章製造の広部硬器(福井市)は立体的な塗り絵を発売。眼鏡フレームのロゴ加工の吉岡ロゴテック(同)は文字入りのテーブルウエア(食器類)に力を入れる。多様なものづくり技術を生かし、新たな販路を開拓する。

福井市郊外にある広部硬器。窯の近くには、金色の警察や消防の紋章が並ぶ。セラミックスの表面に金を焼き付け、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン