2019年6月16日(日)

芥川・直木賞の候補決まる

2016/12/20 5:00
保存
共有
印刷
その他

第156回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表された。芥川賞には野間文芸新人賞を受けている山下澄人さんらの5作品が、直木賞には本屋大賞や山本周五郎賞などの受賞歴がある恩田陸さんらの5作品がそれぞれノミネートされた。

選考会は来年1月19日。候補作は次の通り。(敬称略)

【芥川賞】加藤秀行「キャピタル」(文学界12月号)▽岸政彦「ビニール傘」(新潮9月号)▽古川真人「縫わんばならん」(新潮11月号)▽宮内悠介「カブールの園」(文学界10月号)▽山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)

【直木賞】冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」(文芸春秋)▽恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)▽垣根涼介「室町無頼」(新潮社)▽須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社)▽森見登美彦「夜行」(小学館)

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報