「1兆円市場」争奪戦 個人型確定拠出年金、17年に対象拡大

2016/12/20 0:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

来年1月から個人型確定拠出年金(DC)の対象が広がり、主婦や公務員も入れるようになる。新たに生まれる「1兆円市場」をめぐり、金融機関が管理手数料を下げたり、運用商品を拡充したりするなど攻勢をかける。運用益だけでなく、掛け金も所得控除の対象になるなど節税効果は少額投資非課税制度(NISA)以上ともされ、投資の裾野を広げそうだ。

新制度で対象者は約4000万人から約6700万人とほぼすべての現役世代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]