/

この記事は会員限定です

アジアのヒット商品、「名より実」シフト

2016年本社まとめ

[有料会員限定]

日本経済新聞社はアジアの11カ国・地域で2016年に人気や話題となった商品・サービスを選ぶ「アジアのヒット商品」をまとめた。マレーシアでディスカウント店が盛況だったほか、中国やインド、ミャンマーで割安なスマートフォン(スマホ)が売れるなど、価格に比べて性能や品質の高い商品が人気だった。成長鈍化や高齢化を背景に、高額品やブランド品をみせびらかすような消費性向は影を潜め、賢く「実」を取る消費が広がって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1267文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン