/

この記事は会員限定です

日欧EPAに時間の壁 独仏は来年選挙、合意見通せず

[有料会員限定]

日本と欧州連合(EU)が、目標としていた年内の経済連携協定(EPA)の大枠合意を断念した。来年は4~5月にフランスの大統領選、秋にドイツの連邦議会選を控えており、欧州側が4月以降は交渉に本腰を入れることが難しくなる。来年の早い段階で合意の道筋をつける必要があるが、妥協点を見いだすのは容易ではない。

日本とEUは年末までに閣僚会合を開き、農産品や自動車関税など主要な論点を政治決着するシナリオを描いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン