/

この記事は会員限定です

ドバイ原油、米産より高く OPEC減産合意が影響

[有料会員限定]

原油市場で中東産原油相場がニューヨーク市場の米国産標準油種相場を上回る逆転現象が起きている。アジア市場の指標となるドバイ原油は中質油で、ガソリン成分を多く含む軽質な米国産のほうが高くなるのが一般的だ。サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)加盟国の減産による価格押し上げ策が影響した。

16日のドバイ原油のスポット価格は1バレル51.70ドル前後。日本時間16日夕のニューヨークのWTI(ウエスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン