/

静岡知事、カジノ「前向きではない」

川勝平太知事は16日の定例記者会見で、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)整備推進法(カジノ法)成立を受けた県内への誘致について「前向きではない。静岡県にカジノは似合わない」と述べた。

県内では熱海や静岡・日本平で誘致の動きがあるが、県や静岡市が文化拠点として一体整備を進める日本平に関しては「明確に反対」と強調した。熱海については首都圏から近い利点があると指摘。地理的な特性から、海に囲まれた初島ならば「住民の意向を踏まえながら考える余地はある」と話した。

カジノ導入は大阪市などが沿岸部への誘致に意欲をみせている。税収増や地域活性化を期待する声がある一方、依存症やマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪行為への懸念も根強い。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン