2019年8月25日(日)

政府、賃金差是正を優先 「同一賃金」ガイドライン案

2016/12/16 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

同じ仕事に同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」の実現に向けたガイドライン案は、安倍政権が進める非正規労働者の処遇改善で大きな役割を担う。最低賃金の大幅引き上げ、経済界へのベースアップ(ベア)要請を合わせた「3点セット」で、減速感が漂うアベノミクスの再加速につなげる。ただ賃金差を是正するだけでは、経済成長を支える生産性の向上にはつながらない。

「正規と非正規の賃金差は特に大企業において顕著であり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。